家でダーツなら「DARTSLIVE-200S」(ダーツライブ200S)【秀逸なダーツボードを自宅設置】

2015年10月の発売から、今だに売れ続けている「ダーツライブ-200S」
超ロングセラー 人気のダーツボードとなっています。

 

因みに、前作の「ダーツライブ-100S」は、2011年に発売していて、
累計販売台数30,000台は、軽く超えていたようです。

 

このロングセラーのダーツボードについて、
筆者もヘヴィーユーザーなので、書いてみようと思います。

 

因みに「ダーツライブ-200S 特集ページ」は、こちらです。

 

↓ 以下のような、紹介動画もあります ↓

 

「ダーツライブ-200S」のスペック

 

細かいスペックは、公式サイトやダーツショップのページにもありますので、
大事そうなところだけ掻い摘んでいくと、

 

[業務用DARTSLIVE2と同サイズのプレイエリア、おなじみの演出の再現など、
自宅にいながらDARTSLIVE2と同じ感覚でプレイ可能。]
Darts Hive ページ引用

 

つまり、本物のダーツライブ2と同じ的の大きさで、
本物のダーツライブ2と同じ演出を味わうことが出来ますよ。
ということですね。

 

スマートフォン(スマホ)、タブレットと連動させることが出来る」とありますが、
自分は、MacBook(マックブック)にダーツライブ200Sのアプリを入れて使っています。
テーブルとかにも置けますので、MacBookでのアプリ使用も、個人的に凄くありだと思います!

 

タブレットを持っていなくて、スマホだと画面が小さくて使いづらいなあ……と思っている方で、
MacBookを持っている方なら、尚更ありだと思います。

 

セッティング(設置)も凄く簡単で、
スマホかタブレット、MacBook等にアプリを入れて、
bluetoothで接続すれば、すぐ使うことが出来ます。

 

ボード側の電源は、USB電源供給でもいいと思いますが、
自分は、単三電池で使っています。(電池の方が、かさばらないと思ったので)

 

 

「ダーツライブ-200S」を設置するにあたって

 

実際に「ダーツライブ-200S」を自宅に設置したいと思っているが、
面倒そうで、まだ、イマイチ、イメージが湧かない方も多いと思います。

 

自分の体験を元に「問題点」や「必要なもの」を書いてみようと思います。

 

全てが完璧ではないので、問題点はあります

 

「ダーツライブ-200S」 確かに、多機能で優れているのですが、
正直、その分、重いです!

 

通常のダーツボードは、1〜2kgくらいですが、
ダーツライブ200Sは、3.68kgあります。

 

計算機能や演出が実装されているから仕方ないとはいえ……

 

この差が、実は、結構、大きくて……
例えば、ツッパリ棒で100円均一とかで買った網とかに引っ掛けようと思うと、
重くて難しい場合があります。

 

なので、専用のダーツライブポールスタンドや、
ちゃんとした、ダーツスタンドに設置した方がいいです。

 

他に、専用のスタンド等を購入せずに支える方法はあるか、
方法はあるかもしれませんが、安定はしなさそうな気がします……

 

また、初心者のうちは、的外にダーツを飛ばしてしまう恐れもあると思うので、
不恰好ですが、ダンボールを貼ったりするのも大事かと思います。
壁に穴が開いてしまわないように……

 

自分は、経験者で流石にダンボールは不恰好なので、
ロングタオルを貼っています。

 

 

また、
ダーツが刺さった時の音が小さいとは宣伝してはいますが、
実際に、使ってみると、正直、そこそこの音はします。

(個人差によるものなので、静かと思う方もいるとは思いますが)

 

しかしながら、うるさい!と思う程でもないので、
多少、音がしても大丈夫な環境であれば、大丈夫かとは思います。

 

そういったこともあり、完全に音を消すというのは難しいので、
例えば、マンション住まいで、深夜にしかプレイ出来ない方には向いていなさそうです。
昼間メインでの使用であれば、問題ないかと思います!

 

必要なもの(というか、あったらいいかも!)

 

必要なものというか……
自分も使っていて、オススメしたいものは、
以下のTRiNiDAD(トリニダード)製品のマルチダーツスタンドです。

 

 

値段は、13,704円。
しかし、床面積に、多少の余裕があるなら、
断然、この製品がいいです!

 

組み立てが、めちゃめちゃ簡単です。(恐らく、15分〜30分くらいで出来ます)

 

そして、
簡単に持ち運べるのもいいです。
ちょっとしたズレを直したい時に、すぐに直せます。
このサイズで、2kgという凄まじい軽さのダーツスタンドです。

 

つくりもしっかりしていて、
重いダーツライブ200Sを設置しても、物凄く安定します。

 

↓ 公式の動画で組み立て方が見れるのも、直感的で、凄く助かります ↓

 

因みに、
TRiNiDADのマルチスタンドに200Sを設置するには、
こちらの部品も絶対に必要です。ご注意下さい。
(税込み300円)

 

この「TRiNiDAD マルチダーツスタンド」は、
自分も使っていて、本当にオススメだったので、
あったらいいかも的な感じで、ご紹介させて頂きました。

 

「ダーツライブ-200S」設置の際の距離や高さ

 

ここでダーツボードの設置にあたり、
高さや距離を簡単に記載しておきます。

INNER BULLとは、ダーツボード真ん中の黒いところです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【地面からINNER BULLの真ん中】 173cm(1m73cm)
【ダーツから立つ場所】 244cm(2m44cm) ※ 立つ位置に目印としてテープ等を貼る
【INNER BULLから立つ場所】 299cm(2m99cm)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

参考にして、安全にダーツボードを設置して下さい( ・∇・)ノ

 

「ダーツライブ-200S」で、手に入る生活とは

 

この「手に入る生活」というのは、ちょっと、過剰な表現かもしれませんが、
やはり、メリットがあります。

 

ダーツというのは、学校や仕事が忙しくなったりすると、
なかなか、ダーツ場やダーツバー等のダーツを投げれる場所に
行けなくなる日もありますよね。

 

その間に、投げることが出来ないと、
ちょっとした意識のズレから下手になってしまったり、
ダーツがうまく飛ばせなかったりします。

 

それが、大事な試合前になってしまうと、より不安も生まれてしまうものです。

 

ダーツは、毎日、10〜30分程でも
こまめに投げた方がいいと考えているので、
やはり、家で気軽に投げられる環境は必須かと思います。

 

しかも、「ダーツライブ-200S」の場合は、サウンドも本物と同じなので、
ダーツライブその場の雰囲気を味わいながら、
音に合わせた自分のタイミングで練習することが出来ます。

 

勿論、計算も自動でやってくれるので、凄く助かります。

 

ダーツは、ルーティンが大事ということもあるので、
練習でも、なるべく本番に近い環境で出来ることはありがたいです。

 

東京のダーツのハウストーナメントだと、
やはり、ダーツライブ台を使用しているところが多いですもんね。

 

そう考えると、通常のダーツボードも沢山ありますが、
ここで「ダーツライブ-200S」に対する意味の大きさが出てくるのだと思います。

 

やはり、こまめにコツコツと練習することで、
上手くもなりますし、練習量は嘘をつかないので自信にもなります。
そこから、試合でも、優勝や入賞していって、よりダーツが面白くなっていく。
そんな生活を手に入れることも出来るのかなと思っています。

 

そんなこんなで、筆者自身も「ダーツライブ-200S」をオススメしたいと思います。

 

家(自宅)でダーツをするなら、断然、「ダーツライブ-200S」です(゚Д゚)‼️

 

  • 毎日、10〜30分のこまめに投げられる環境を自宅に設置出来る。
  • 本番の音を聴きながら練習することで、ルーティンの精度を高める。

 



 

——————————————————————————

【ダーツメーカー等の広告主様向け】

商品提供して頂けたら、その商品で記事をつくります!!

 

 

手汗でダーツがうまく握れない方には……

————————————————–
ダーツ記事をまとめたAndroidアプリも開発しました!!
自作なので完全無料です。課金などもありません。
是非、インストールをお願いしますm(_ _)m

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

「ダーツまとめ単」(Google Play)

「ダーツまとめんじゃー」(Amazon アプリストア)
————————————————–

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村
↑よかったらポチッとして下さいd( ̄  ̄)
————————————————–

The following two tabs change content below.
Shun Ota

Shun Ota

Web・アプリのエンジニア、そして、プロダーツプレイヤーです。エンジニア歴は10年以上ですが、ダーツのプロライセンス(PERFECT)は、2017年に取得しました。プロダーツプレイヤーとしては、まだまだ、ルーキーではあります。ダーツ歴は、2013年からです。ダーツを始めるキッカケは、合コンの2次会でした(笑) そんな当サイトのダーツブロガーですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です