VSPHOENIX X(エックス) 新ダーツ台の外見と迫力が凄い件【次世代のダーツマシーン】

[ こちらの記事を全て読んだ場合 ] 3 分間

ダーツ台「VSPHOENIX X」が斬新で凄まじい

VSPHOENIX(ブイエス フェニックス)
の最新ダーツ台
VSPHOENIX X
ブイエス フェニックス エックス

ロケーションテスト、所謂、ロケテが、
2018年4月に開始されました!!

このダーツ台が本当に凄い!!
衝撃的なので記事にしました。
ご興味ある方は、是非読んでみてください。




[ VSPHOENIX X公式(https://vs.phoenixdarts.com/jp/vsx)引用 ]

お忙しい方は、
以下の20秒の動画だけでも是非!



 

ロケーション テストとは?

 

ロケーションテスト。
所謂「ロケテ」とは、
アーケードゲームの新作稼働前
とかに昔からよくあるものです。

 

試しに、実際の店舗において、
お客さんにやってもらって、
反応を見て、そのフィードバックで、
稼働前ギリギリまで、
プロダクト(製品)を良くしようというものです。

 

VSPHOENIX XのWebサイトも凄い力の入れよう

 

VSPHOENIX X公式の
Webサイトを見ても、超期待大ですね。

VSPHOENIX Xのウェブサイト




[ VSPHOENIX X公式(https://vs.phoenixdarts.com/jp/vsx)引用 ]

 

完全に、次世代のダーツ台
といった感じです。

 

正直、最近、ライバルの
DARTSLIVE3(新ダーツ台)を見て、
あまり、ピンとこなかったのが、
正直な感想です。

 

色んなダーツのデータは
取れるようになったけど、
凄まじいという衝撃は受けませんでした。

 

家庭用のDARTSLIVE-200S(ダーツライブ200S)
を見た時は、自宅でこんな本格的に
ダーツが出来るのか!と、
凄い衝撃(インパクト)を
受けた思い出があります。

 

それだけに、ダーツ台の新型にも
大きな期待をしていました。

 

その時と同じくらい、
VSPHOENIX X」に、
今は、大きな衝撃(インパクト)を受けています。

 

正直、これだけ画面というか
ダーツ台が動くので、
ボードの見やすさという点は、
実際に投げてみないと
わからないところではあります。

 

しかし、演出の派手さ、美しさは、
まさに未来的だと思います。




[ VSPHOENIX X公式(https://vs.phoenixdarts.com/jp/vsx)引用 ]

 

VSPHOENIX Xの価格(値段)はいくら?

 

ただ、ネックなのは、
1台あたりのコストでしょうね。

 

この凄まじい見た目と演出だと、
台自体の価格(値段)も高いのは確実でしょう。

ダーツショップの店員さんから
聞いた噂によると……
1台うん百万円とも言われています。

(実際には、価格は非公開で、
 噂なので確実ではありません)

 

また、設置する店舗からすると、
電気代も今までの台より高いと思われます。
勿論、メンテナンスも通常台以上に
スキルも手間がかかるでしょう。

 

ダーツバーなどの店舗に
置いた時のランニングコストは、
必ず、今の台と比べて上がるはずです。

 

その辺りが、今後の
普及させるための課題に
なってくるとは思います。

 

その課題が解決できない場合は、
本当に限られた場所に設置するか、
徐々に話題も廃れて、
そもそも無かったことになるかも……




[ VSPHOENIX X公式(https://vs.phoenixdarts.com/jp/vsx)引用 ]

 

VSPHOENIX Xをプロツアー PERFECTで使う日は来るか

 

しかし、この台で、
例えば、PERFECTの決勝なんかを
見れる日が近いというのが、楽しみですね!
物凄く、いい絵になると想像出来ます。

 

このダーツ台でトッププロが、
バチバチ打ち合う姿を想像するだけでも
何気に鳥肌が立ちます。超見てみたい。

 

自分自身も早くコンスタントに
プレイしてみたいです(゚Д゚)
なんとか市場に普及してほしい。
是非、よろしくお願いします!!

 

VSPHOENIX Xのプロモーション動画も
とても、お洒落です。



 



 

PERFECTの女子トッププレイヤーの
佐藤かす美プロが、
プレイしている動画もあります。



 

【 別記事 】家庭用の本格的なダーツボードなら「ダーツライブホーム」

 

ダーツバーやダーツ場だけでなく、
自宅でも本格的なダーツ環境で
ガッツリ練習がしたい!

 

そう考えていらっしゃる方はこちらの
DARTSLIVE Home
(ダーツライブホーム)
の記事をオススメします。

 

ご興味が湧けば、
是非、読んでみてくださいm(_ _)m

⏬  ⏬  ⏬




HIVE(ハイブ)で購入 

場所をとらない専用ポールスタンド(棒)
暗い部屋でもプライ出来るLEDライト
すぐにダーツできる1番人気セット
セットお値段 45,650円 (税込)




HIVE(ハイブ)で購入 

床をへこませたり、傷つけない専用マット付き。
セットお値段 46,750円 (税込)




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

ポールセットで即ダーツする環境をつくれます。
定価は、36,850円(税込)




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 


マキシムで購入 

ダーツ台がある方はこちらの単品購入で!
定価は、24,200円(税込)

 

【 別記事 】hololive(ホロライブ)とダーツコラボの衝撃!!




企画ページを見る! 

 

大人気 女性VTuberグループ
hololive(ホロライブ)と、
ダーツのコラボレーションという
衝撃的な企画があります(゚Д゚)‼️
その事について、まとめた記事を書きました!

 

是非、お時間とご興味があれば、
ご一読下さい( ・∇・)ノ🌟

⏬  ⏬  ⏬




HIVE(ハイブ)で購入 

兎田ぺこら×ダーツオリジナルの
ダーツセット・クッション・Tシャツのフルセット。
お値段 23,100円(税込)

 




HIVE(ハイブ)で購入 

宝鐘マリン×ダーツオリジナルの
ダーツセット・クッション・Tシャツのフルセット。
お値段 23,100円(税込)

 




HIVE(ハイブ)で購入 

ときのそら×ダーツオリジナルの
ダーツセット・クッション・Tシャツのフルセット。
お値段 23,100円(税込)

 

————————————————–


にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

————————————————–

The following two tabs change content below.

Shun Ota

Web・アプリのエンジニア、そして、プロダーツプレイヤーです。エンジニア歴は10年以上ですが、ダーツのプロライセンス(PERFECT)は、2017年に取得しました。プロダーツプレイヤーとしては、まだまだ、ルーキーではあります。ダーツ歴は、2013年からです。ダーツを始めるキッカケは、合コンの2次会でした(笑) そんな当サイトのダーツブロガーですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。