人生初のダーツプロトーナメント in PERFECT(パーフェクト)【プロデビュー戦】

PERFECTに初出場しました

2017年2月18日(土)
パシフィコ横浜で行われた
PERFECT – SOFT DARTS PRO TOURNAMENT –
開幕戦に参戦してきました!

 

PERFECTの壇上での試合

 

1月に、念願だった
PERFECTのプロライセンスを
取得して、生まれて初めての
プロでの試合になりました。

 

何と、プロデビュー戦、
壇上の一番、右の台でした(笑)

 

最初は驚きましたが、
これは、またと無い凄く良い
チャンスを頂けた!と思い、
やるだけ楽しもうと決意しました。

 

※ 拝借。一番、右に後ろ姿で写っています。

 

その台で凄く嬉しかったのが、
ダーツを始めた4年前から憧れていて、
何度も、ダーツや試合に対しての
姿勢や気持ちの持っていき方等を
教わったこともある
谷内 太郎(やち たろう)プロが、
ひとつ左の台の
予選ラウンドロビンだったことです。

 

好きな男子プレイヤーの
津村 友弥(つむら ともや)プロとも、
並んではいませんが、
同じ壇上でプレイ出来ました。

 

同じタイミングでの試合もあり、
そんな憧れのプレイヤー方と並んで
プレイ出来たことが感無量でした。
もっと強くなって、今度は、
対戦出来れば、尚、嬉しいです。

 

緊張でボロボロの戦績

 

結論から言うと、
自分の結果は酷かったです。
わかっていはいましたが、
今のままでは、全く通用しないと実感しました。

 

それと共に危機感を覚えました。
最近は、ハウストーナメント等で
優勝や入賞することも増えて、
意識していなくても、どこかで
過信していたところもあったと思うので、
改めて危機感を覚えたことは
良いことだと思います。

 

ダーツの難しさを知っている
仲間やプロからは、
温かい励ましの言葉を幾つも貰いました。
ここがスタートだと思い、
またコツコツとやっていきます。

 

また、髙木 静加(たかぎ しずか)プロからは、
朝、気合いの入る激励のLINEを頂きました。

(流石、出来る妹!)

 

好きな女子プロの
大城 明香利(おおしろ あかり)プロには、
選手控え室にて、別の諸事情で
可愛く拗ねられました(笑)

 

最も神経をすり減らした審判の役目

 

プレイは緊張しましたが、
何より緊張していたのは、
やはり、審判の時でした……

 

でも、本番前までに、
同期のPERFECTプロの
高橋 了介(たかはし りょうすけ)プロと、
東京ダーツスタジアム池袋にて、
数回、スコアを付けながら練習をしたり、
SNSにて對馬 裕佳子(つしま ゆかこ)プロから
アドバイスを頂いたりと、
ありがたいことは幾つもありました。

 

そのお陰もあり、
無事に審判を務めることが出来ました。

 

決勝トーナメントの審判は、
展開が速そうなクリケットが
2回あるので、不安だったのですが、

「実は今回、初めてなので、
もし、至らない点があったら
申し訳ありません。」

と選手に伝えると、
渡邉 一(わたなべ はじめ)プロが

「大丈夫ですよ。
もし、クリケットで追いつかない時があったら、
ちょっと待ってと声を掛けて下さい。」

と優しく言って下さりました。

 

集中した試合の邪魔を
したくなかったので、
そうならないように懸命にやりました。
でも、事前に、その言葉をもらえただけで、
気持ちは大分、楽になっていたと思います。

 

本来、負けると終わりのトーナメント。
集中してやりたいところ。
そういう声を掛けてあげられる度量は
プレイヤーとして凄いと思います。

 

自分も初めてPERFECT参戦の
プレイヤーがいた時は、
そういう言葉を掛けられる位になりたいです。

 

その試合、渡邉 一プロは、
3-0でストレート勝ちしていきました。
かっけえ……ナイスダーツでした( ´ ▽ ` )ノ

 

それでも経験になったプロの試合

 

初のPERFECT。
ずーっと、緊張はしたし、
激疲れましたけど、
本当に素晴らしい経験になりました。

 

それと共に、周りが強い人達だらけの
プロの舞台だとしても、
やっぱり、負けることは悔しかったし、
いちプレイヤーとして、
もっともっと勝てる選手に
なりたいと思えるようになりました。

 

PERFECT参戦をキッカケに、
最近はスローイングを変えたりして、
新しい挑戦をしながら練習しています。

今年は、関東圏で4戦
(開幕戦を出たので、残り3戦)
参戦を基本に、
ダーツ関連で得た副収入があれば
プラス数戦かなと考えています。

 

といっても、出たら勝ちたいし、
都内のハウストーナメントに至っては
コンスタントに出るので、
プロダーツプレイヤーとして、
どんどん強くなって、
試合で常に勝てるように練習します!

 

「シンプルに、試合に出たら勝つ!」

 

当たり前なのですが、
それを念頭において、
引き続き頑張って参りますので、
何卒よろしくお願いします!!

 

【別記事】ダーツのプロに興味が湧いたら

 

ダーツのプロテスト(試験)
「PERFECT」(パーフェクト)
についての記事も書いています。

 

もし、少しでも興味があったり、
将来、受験する予定があれば、
是非、参考にしてみてください!

⏬ ⏬ ⏬

記事「ダーツ プロテスト PERFECT(パーフェクト) 合格のコツ【合格者が教える準備・実技・筆記のやり方】



————————————————–


にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

————————————————–

————————————————–

The following two tabs change content below.

Shun Ota

Web・アプリのエンジニア、そして、プロダーツプレイヤーです。エンジニア歴は10年以上ですが、ダーツのプロライセンス(PERFECT)は、2017年に取得しました。プロダーツプレイヤーとしては、まだまだ、ルーキーではあります。ダーツ歴は、2013年からです。ダーツを始めるキッカケは、合コンの2次会でした(笑) そんな当サイトのダーツブロガーですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です