ダーツにてテキーラ(アルコール) マッチを強要しないで【命の危険!】

テキーラ マッチでダーツの評価を下げないで

 

先日、こんなことがありました。

仕事帰りに同僚2人と3人で、
あるダーツバーに行きました。

2人ともダーツは、
まだまだ、初心者なので、
自分がダーツを教えながらも、
勝負も兼ねたりして、
暫くゲームをしていると……

 

そこのダーツバーのスタッフが

「どっちが負けました?
負けた方は、勿論、
テキーラですよね??」

みたいな感じで
ヘラヘラしながら近づいてきました。

 

ダーツバー初心者にテキーラマッチをすすめるスタッフ

 

同僚は2人とも初心者なので、
ハンデは付けますが、
やはり、それでも、
自分との技術の差はあって、
何とかギリギリで自分が勝ちます。

 

2人は、それでも
ダーツを楽しんでいるし、
狙ったところに入ると喜んで、
凄く明るい場になっています。

 

そこに、スタッフからの
全く望んでいない
強いアルコールを強制する発言。

 

断っても、何回か勧めてきました。
正直、萎えました……

 

其々の楽しみ方を期待してダーツバーに行く

 

盛り上げたい気持ちや
商売である以上、
客単価を上げたいのはわかりますが、
それって、お客さんが見えていないし、
刹那的な利益UPでしかないですよね?

 

会社から近いとのことで、
そのダーツバーに行って楽しんでいましたが、
そういうことをされると、
その場所の印象は良くないです。

 

自分は、ダーツバーに
行くこともあるので、

あー、また、こういうノリが始まった。

と思いますが、

 

初心者からすると

ダーツって、そうやるもんなんだ。
そういうものなんだ。

と、勘違いしてしまいます。

 

もし、何らかの拍子で
発言してしまったとしても、
一度、断ったらスッと
スマートに引いて頂きたい。

 

普通にお酒を嗜みながら
楽しんでいるので、
罰ゲームでお酒をやりたくない
思いもあれば、
アルコールに弱い体質で
大事(命の危険)になる方もいらっしゃいます。

 

最近は、自分としては、
お酒マッチ防止カード」みたいなものが、
欲しいとすら感じることがあります。

 

例えば、そういうカードを
テーブルに置いておくと、
スタッフも気遣いするみたいな。
スーパーのレジ袋入りませんカード
みたいなものが欲しいです。

 

全員が、お酒マッチが好きだから
ダーツバーに行っているわけではありません。
人それぞれのダーツやお酒の
楽しみ方があって行っているのです。

 

自分は、元々、そういう
罰ゲームみたいな感じで
お酒を飲ませることが嫌いです。

 

しかし、どこでも頻繁にあるし、
他の記事だったりで
注意をされている方も結構いるので、
自分は、今まで、
特に記事にはしませんでした。

 

しかし、今回は、ダーツを楽しんでいる、
今後、ハマってくれそうな初心者にも、
そういう心無い勧め方をされたので、
本当に不快に感じて、
今後、やめてほしく、
伝えたい気持ちがあり、
記事にしようと思いました。

 

たった一人のスタッフの対応でもお店の印象は変わる

 

一人一人のプレイヤーや
ダーツバー、ダーツショップ等の印象によって、
ダーツにどういう印象を持つかは変わってきて、
新規ユーザーを獲得出来るか、
どうかにも関わってくると思います。

 

小さなことですが、
積み重なると大きいことです。

 

環境を与える方々は、
人それぞれのダーツの楽しみ方を感じて、
柔軟に対応して頂きたいです。

 

ダーツに限らず、
どんなサービスにも
言えることだと思います。

 

柔軟に正しい対応が出来ないところは、
どんな業界でも淘汰されていくだけですよね……

 

お客さんが離れてから
気づくのでは遅いと思います。
今一度、接客を考えて、
思いやりを持って接して頂きたいです。

 

お酒についても、
テキーラマッチ等で強要する量ではなく、
楽しむ程度の量が一番です。

 

 

 

 

他に人気のある記事

 

お時間とご興味あれば、是非どうぞ!

 

記事「牧野 百花(まきの ももか) 可愛さの破壊力【かわいいは正義】

 

記事「坂口 優希恵(さかぐち ゆきえ) 笑顔弾けるダーツプロ【太陽の小町】

 

記事「家でダーツなら「DARTSLIVE-200S」(ダーツライブ200S)【本格的ダーツボードを自宅設置】

 

————————————————–

 

 

手汗でダーツがうまく握れない方には……

————————————————–

にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
にほんブログ村
↑ブログ村に参加中です。よかったらポチッとして下さいd( ̄  ̄)
————————————————–

The following two tabs change content below.

Shun Ota

Web・アプリのエンジニア、そして、プロダーツプレイヤーです。エンジニア歴は10年以上ですが、ダーツのプロライセンス(PERFECT)は、2017年に取得しました。プロダーツプレイヤーとしては、まだまだ、ルーキーではあります。ダーツ歴は、2013年からです。ダーツを始めるキッカケは、合コンの2次会でした(笑) そんな当サイトのダーツブロガーですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です