STREAM NEO(ストリームネオ) 売上No.1 超人気ダーツケース【まるでダーツにとってのベッド】

シンプルで美しいダーツケース

2020年、ダーツハイブにて、
年間売上No.1になったダーツケース
STREAM NEO」(ストリームネオ)

シンプルで、尚且つ、美しい。
そんなダーツケースを紹介します!




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

定価は、2,838円(税込)

STREAM NEO(ストリームネオ)について

 

ストリームネオが何故、人気なのか。
先ずは、特徴などを書いていきます。

 

置くだけで収納できるダーツケース

 

まるでダーツのための
ベッドのような感覚で、
収納できるPUT ON(プットオン)方式です。

 

その表現の通り、
ダーツをベッドに寝かせるように、
以下の画像の様に収納します。

 

練習や試合が終わったら、
「お疲れ様。」
といった感じで、
寝かせるように置けばよいでしょうか?



 

ダーツを2セット(6本)収納可能

 

上の画像で、気づかれた方もいると思います。
そう、実はダーツが2セット入ります!
しかも、ダーツフライトを付けたままで。
これは、めちゃ嬉しい。

 

好きなソフトダーツを2セットでもいいし、
ソフトダーツとハードダーツの
組み合わせで入れてもいいし、
組み合わせは自由です。

 

こんなシンプルな見た目なのに、
2セットも入れられる豪華さ。
素晴らしいです。




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

 

ダーツカードやチップも収納可能

 

勿論、ダーツが2セット
入るだけではなく、
ダーツカードチップ(ティップ)
入れられます!

 

以下の様に、
ダーツカードは3枚も入ります。



 

予備のチップも、
4本入れることが出来ます。



 

美しい曲線のダーツケース

 

写真を見て、すぐにわかるように。
曲線美が目立つダーツケースです。
ショーケースの感覚で持ち運べます。

 

クリアで自慢のダーツを
わざとチラ見せするのもいいですね(゚Д゚)



 

オリジナルカスタマイズも可能!

 

シンプルなだけではなく、
自分好みにカスタマイズも出来ます!

 

もし、シンプルな使い方に
飽きてきてしまったら、
フタの部分にステッカーを貼ったり、
プロダーツプレイヤーのサインを貰ったり、
スペースを活用して、好きにいじれます。

 

また、付いている
二重リングには、
チップケースやフライトケースなどを
ジョイント可能です。

 

ありのままシンプルにも使えるし、
自分好みに派手にすることも出来る、
自由度の高さも良きです。




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

 

隙のない売れる理由しかないダーツケース

 

そんなこんなで、
こうやってまとめてみると、
売れる理由しかない
隙のない美しいダーツケースです。

 

2020年に売上No.1に輝いた。
超人気さにも頷けます。

 

そして、これだけの
ハイスペックにもかかわらず、
価格は、2,838円(税込)

3千円を切る凄さです。

 

興味が湧いた方は、
是非、おひとつ如何でしょうか!?




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

 

ダーツショップ MAXIM(マキシム)
にもございます!

 

種類別でページが分かれていますので、
以下の通りです。




マキシムで購入 




マキシムで購入 




マキシムで購入 




マキシムで購入 

 

【別記事】まるで神の様なダーツケース「全知全能」

 

以前、書いた
こちらの「全知全能」という
ダーツケースも昔から大人気です。

 

興味があれば、
是非、こちらもお読み頂ければ!

⏬ ⏬ ⏬

記事「ダーツケース「全知全能」光るネーミングセンス【超シンプルで優れた機能性】




HIVE(ハイブ)で購入 

まるで神の様なダーツケース?
定価は、2,178円(税込)

 

————————————————–


にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ


PVアクセスランキング にほんブログ村

————————————————–

————————————————–

The following two tabs change content below.

Shun Ota

Web・アプリのエンジニア、そして、プロダーツプレイヤーです。エンジニア歴は10年以上ですが、ダーツのプロライセンス(PERFECT)は、2017年に取得しました。プロダーツプレイヤーとしては、まだまだ、ルーキーではあります。ダーツ歴は、2013年からです。ダーツを始めるキッカケは、合コンの2次会でした(笑) そんな当サイトのダーツブロガーですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です