ダーツライブホーム(DARTSLIVE Home)がヤバ凄い理由【200Sを超えるダーツボード】

ダーツライブホーム 皆が納得の凄いダーツボードであること

最強のダーツボード
ダーツライブホーム(DARTSLIVE Home)
が2021年10月29日(金)に発売‼️

ダーツボードでは、今までは、
ダーツライブ200S(DARTSLIVE-200S)
が超人気でダーツハイブなどで、
売上No.1を誇ってきました。

ダーツライブホームは、
その超の付くほどの実績のある
ダーツライブ200Sの後継機です。
ということは、買っても間違いなしの
サラブレッドなダーツボードと言えます。

※ そのため、200Sは生産終了

 

ダーツライブホーム(DARTSLIVE Home)
の凄さの理由を紐解いていきます。



HIVE(ハイブ)で購入 

ポールセットで即ダーツする環境をつくれます。
定価は、36,850円(税込)



HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

ダーツ台がある方はこちらの単品購入で!
定価は、24,200円(税込)

 




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

専用のLEDライトで暗くてもダーツ可能。
定価は、8,800円(税込)




HIVE(ハイブ)で購入 

専用のカスタマイズステッカーでオリジナルに!
定価は、2,640円(税込)

 

ダーツライブホームの基本情報

 

DARTSLIVE3でおなじみの
グラフィック & サウンドを再現して、
自宅にいながら DARTSLIVE3 と
同じ感覚でプレイすることが出来ます。

 

また、通信対戦の
「LIVE MATCH」も搭載して、
世界中のダーツプレイヤーと
対戦を楽しむことが出来ます。

 

遠く離れた友達(身内)と
対戦することも可能です。



 

200Sから何がパワーアップしたのか?

 

では、前作であるダーツライブ200Sから、
何がパワーアップしたのか、紐解いていきます。

 

先ず、ダーツライブ200Sの
静音性はそのまま維持しています。

 

そして、Bluetoothの規格が向上し、
認証いらずでアプリ連携が可能に。
これは、いいですね。
ユーザーとしては認証が地味に面倒だったので……

 

ダーツライブホームと200Sの比較表

 

先ずは、価格が3,000円安くなっている点。
厚みも薄くなっていて、重さも軽くなっています。

 

よりコンパクトになったのに安い!
嬉しいバージョンアップです。

 

単3電池 3本から単4電池 2本で
動く様にもなり省エネです。

 

ダーツライブ200S
[ 販売終了 ]
ダーツライブホーム
最新おすすめ ]
価格 27,280円(税込) 24,200円(税込)
プレイングエリア 15.5インチ 15.5インチ
サイズ 横 :570mm
縦 :530mm
厚み:41.5mm
横 :564mm
縦 :564mm
厚み:32.5mm
重さ 3.68kg 3.12kg
電源ケーブル USB micro-B USB Type-C
乾電池 単3電池が3本 単4電池が2本
HIVE
購入ページ
別タブで開く 別タブで開く
TiTO
購入ページ
別タブで開く 別タブで開く

 

まあ、何と言いますが、
そもそもが、200Sよりメリットが無いと、
ここで発売する意味がないので、

ダーツライブ社としても
自信をもった商品(ダーツボード)なのでしょう!



HIVE(ハイブ)で購入 

ポールセットで即ダーツする環境をつくれます。
定価は、36,850円(税込)




HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

ダーツ台がある方はこちらの単品購入で!
定価は、24,200円(税込)

 

ダーツライブホームの専用LEDライト

 

下の写真の様な暗い部屋で、
プレイしたい時のために、
専用のLEDライトが別売りであります。

 

設置は、アウトボードセグメントに
挿し込むだけで簡単に出来ます。
重量も1本あたり約200gと、
めちゃ軽いので扱いやすいです。



 

普通の電気がついている
明るい部屋であれば、
特に必要なものではないので、

別売りになっていると言えます。

 

ダーツライブホーム LEDライト スペック表

 

サイズ 長さ53.0cm
重量 約400g
素材 プラスティック
発光色 昼光色
消費電力 18ワット

 






HIVE(ハイブ)で購入 


TiTO(ティト)で購入 

専用のLEDライトで暗くてもダーツ可能。
定価は、8,800円(税込)

 

ダーツライブホームのセット売り

 

以下は、すぐにダーツが出来る環境
を設置することが出来るセット売りです。

 

ダーツボードを買うのが初めてで、
設置する台がない方は、ご検討ください。



HIVE(ハイブ)で購入 

定価は、54,670円(税込)



HIVE(ハイブ)で購入 

定価は、45,650円(税込)



HIVE(ハイブ)で購入 

定価は、45,870円(税込)



HIVE(ハイブ)で購入 

定価は、36,850円(税込)

 

【 別記事 】ダーツボードに徹底的な「静かさ」を求めるのであれば!

 

家で点数の計算もしてガッツリ、
ダーツをするのではなく、
ちょっとしたグリップの感じの調整だったり、
軌道のイメージだったりをしたい。

 

そういった、少しダーツをしたい
感じであれば
オススメの超静音性ダーツボードがあります!

 

ご興味があれば、是非、こちらも、
お時間のある時に、お読み下さいm(_ _)m

 

記事「DARTSLIVE-ZERO BOARD(ダーツライブ ゼロボード)の静かさが圧倒的に凄い【超静音性ダーツボード】



HIVE(ハイブ)で購入 

マキシムで購入 

ダーツボード史上最強の静かさです。
定価は、6,160円(税込)

 



HIVE(ハイブ)で購入 

自分は、このセットを使っています(゚Д゚)‼️
定価は、18,810円(税込)

 



HIVE(ハイブ)で購入 

ダーツマットもセットで、より本格的に!
定価は、27,830円(税込)

 
————————————————–


にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ

PVアクセスランキング にほんブログ村

 
————————————————–


 
————————————————–

The following two tabs change content below.

Shun Ota

Web・アプリのエンジニア、そして、プロダーツプレイヤーです。エンジニア歴は10年以上ですが、ダーツのプロライセンス(PERFECT)は、2017年に取得しました。プロダーツプレイヤーとしては、まだまだ、ルーキーではあります。ダーツ歴は、2013年からです。ダーツを始めるキッカケは、合コンの2次会でした(笑) そんな当サイトのダーツブロガーですが、よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です